社会福祉法人 各務原市社会福祉協議会

プライバシーポリシー サイトマップ
おしらせ

点訳ボランティア養成講座を開講します!

平成25年度点訳ボランティア養成講座は終了しました。

4月8日(月)より点訳ボランティア養成講座を開講いたします!

点訳とは視覚障害の方のコミュニケーション手段である点字を学び、「社協かかみがはら」や市の広報などを点字本へ作り変える作業です。詳しくはトップページにあるブログに記載していますので、他記事とあわせてぜひご覧ください

社会福祉協議会のブログ http://kakamigaharashakyo.blog.fc2.com/

 

ボランティアパワーアップ講座~中級編~ の開催のお知らせ

  各務原市役所市民活動推進課からのボランティア講座のお知らせです。

 

リハビリボランティア募集!

生まれつき障がいのために運動能力の発達に遅れのある赤ちゃん(1才)がいます。その子の運動能力を改善するためのリハビリをお母さんと一緒に行うボランティアさんを募集します。

赤ちゃんのお宅で、両手・両足をリズミカルに動かす体操のようなリハビリです。1時間程度のお手伝いをいただける方、お待ちしております。

 

 

 

●場所:学びの森の近く

    (各務原市役所前駅から徒歩5分程度)

●日時:月~金 午前10時~

  (体調をみながらリハビリをしています)

●お申し込み

各務原市社協ボランティアセンター

 電話 058-383-7610   

ポスターをクリックすると大きくなります。

 

点字をおぼえませんか

飲料や家電製品など身近なものに点字があることに気づいている方も多いのではないでしょうか。

 

防災ボランティア「Team911各務原」創立10周年式典が開催されました。

 

ボランティア情報メール配信サービスについて

 

ボランティアパワーアップ講演会開催のお知らせ【市民活動推進課】

 

ヘルパー資格をボランティアに活かしませんか?

 

楽器演奏できる仲間を募集します!

 

小物づくりお手伝いボランティア募集!

 定員に達したので、ボランティア募集を締め切りました。ご協力ありがとうございました。

 

ボランティア募集!(11月6日(日) 講演会のお手伝い)


 

「即ボラWeb。」 -県内ボランティア活動先検索ソフト-

 

支えあいサポーター塾 ~演習がありました~

 

台風12号災害義援金について

 

支えあいサポーター塾が始まりました!

 

ボランタリーハウス「さくらクラブ」 バイオリンの響きに~♪

 

サポートボランティア募集!

   先天性の筋肉の病気で、小学校4年生から車椅子の生活をしている女性(23)の生活をサポートをしていただけるボランティアさんを募集します。現在は母親と生活をしていますが、今後いろいろなサービスを利用しながら、またボランティアさんの協力を得ながら一人暮らしをすることを目指しています。長期に渡る支援となりますが、ご協力いただける方はボランティアセンターまでご連絡だくさい。

 なお、希望するボランティア内容は次のとおりです。

洗髪の介助  車いすへの移乗介助・洗髪(介護技術を必要とします)
②料理のお手伝い 自分では料理等ができないため、全行程お願いすることになります。
③買い物の付添い 近所のスーパーまで付き添っていただき、食材等の買い物介助。
                            路線バスに一緒に乗って岐阜市内への買い物の付添い・介助。
 
■お申込み・お問い合わせ
各務原市社会福祉協議会ボランティアセンター 
電 話 058-383-7610
メール shakyo@chive.ocn.ne.jp
 

災害ボランティア体験記

 各務原市社会福祉協議会で募集した、岩手県大槌町へのボランティアバスツアーに参加された方から感想をいただきましたのでご紹介いたします。

********************************************

 

 
“大震災の爪あとが未だ癒されない東北へボランティアに行こう”
 
7月8日午後3時 各務原市役所を出発 7月9日未明 宮澤賢治の故郷 花巻で高速を下車、民話の故郷遠野市で早い朝食を済ませ、岩手県大槌町へは予定通り午前9時に到着した。
(ここまでの所要時間は15時間 1200kmの道のり)
東北とはいえ、夏の日差しはすでに35度を越える極暑とういう状況は岐阜と変わらない。
 
大槌町ボランティアセンター(沢山サテライト)で作業場所の指示を受け、いよいよ初日の作業を開始することになった。
この日は『鮭プロジェクト』という名の作業で、大槌川河川敷の瓦礫収集等・・震災前には多数の鮭が産卵のため上ってきたという大槌川だが、津波により河川敷・川底は瓦礫で埋もれ、今秋の鮭の遡上は期待できるだろうか?・・今ならまだ間に合うだろうか?・・毎年開催していたという鮭まつりはできるだろうか?・・と思いをはせながらの作業である。
午前中2時間位の作業ではあるが、正午近くには全身汗だく状態で昼食休暇に入る・・すでに気力・体力も限界?の感じもするが、昼食と水分を十分に取り気力を取り戻す!
午後も引き続き、河川敷の瓦礫収集作業を・・地表面の瓦礫収集はこれまでの活動でかなり進んでいるが、埋もれた瓦礫は容易には取ることができない。
重機で掘り起こせば容易ではあろうが、自然が作り上げた河川敷の面影も同時に掘り起こしてしまうようで・・・地道な作業だがボランティア一人ひとりの力が復旧につながるような気がした。
この日は3時過ぎ作業終了、睡眠不足の体にはこれ以上は無理か・・
宮古市内の宿泊先までの車窓には、果てしなく廃墟と化した街が続いていた。
 
翌朝7月10日早朝 早起きして宿泊先の宮古市内を朝食前に散策してみた。海岸に近い市役所周辺は津波の被害が非常に大きくて、建物はあるもののまさにゴーストタウン化していた。
漁港付近では漁の準備をする漁師の皆さんがおられ、少しずつではあろうが以前のような活気を取り戻されることを祈りつつその場を後にした。
 
朝食を終え、2日目の作業のためバス移動・・今日は『菜の花プロジェクト』という名の作業、金山文造さんという、ちょっぴりユニークでファイトあふれる兄貴が中心となって進めているもので、来年の春には大槌川周辺を黄色いジュウタンのように、菜の花で埋め尽くそうという計画だ。
作業内容は畑づくりが中心だが、瓦礫と小石に埋もれた河川敷を畑に戻すのは容易なことではないが、東京方面・名古屋方面からも多数の若者がボランティアに来ていて、土を掘り起こし小石と土をふるいにかけて、小石は川へ捨て、瓦礫や木片は廃棄のため収集場所へ運ぶという一連の作業で・・きれいになった畑に肥料をまいて完了する作業を皆で協力しておこなった。
この作業は大槌川の河川敷一帯でボランティアが中心になって行っていて、来春が楽しみだ。
 
今回の作業での気付いたこと等々は、日陰がほとんどない場所での作業なので熱中症には十分な注意が必要!! 水分は自販機やコンビニはないので前もって十分に準備して持参すること。
また、スコップや一輪車が不足しているので、作業は思うようにははかどらないのは今後の課題か? できるだけ持参して帰られる際に現地に寄付されるとよいでしょう!
尚、現地は未だ余震も続き、作業もままならない状況もある中ですが、社会福祉協議会の皆さんや酷暑の中がんばっておられる機動隊員や自衛隊員のご健勝と感謝をこめて報告とします。
最後に、ほんとうにいい汗をかかせてもらいました・・ありがとうございました!!
 
 2011年7月 各務原市 佐橋 富清
 

【募集終了しました】東日本大震災・災害ボランティア募集をします! (7/8-7/11)

 

施設ボランティア募集

老人施設での納涼祭でお手伝いくださるボランティアを募集します。
ボランティアが初めてな方も大歓迎です。

 

一芸ボランティアの冊子を更新しました。

 

東日本大震災に関するボランティア等について

 

災害ボランティアセンター設置と災害ボランティア受入状況について 

各県のボランティアセンター設置・受入状況につきましては、下記URLをご確認ください。

リンク   
http://blog.goo.ne.jp/vc00000/

          全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報


 

 

「東日本大震災義援金」の募集について

 

交通バリアフリー教室を開催しました。(各務原養護学校)

 

一緒に活動をしてくださるボランティア講師 募集!

  福祉の里ぽぷら(生活介護、地域活動支援センター)では、1日を通して様々な創作活動や食事をはじめとする介護等を行っています。おじゃました時には油絵を描いたり、組み紐づくり、読書、自分で爪が切れるよう指導を受けていたり、利用者自身がやりたい活動に取り組んでみえました。

畳の部屋では、ボランティア講師:青柳先生を招いてヨガを体験していました。                                                                        時がゆったりと流れる中、みなさんリラックスした感じでしたよ。

  ■ 福祉の里 ぽぷら の連絡先  連絡先 058-370-7500

 紹介しました障がい者施設や高齢者介護施設等では、利用者の生きがいや新たな楽しみの発見のために様々なことを教えてくださるボランティア講師を募集しております。

 習い事などで身に付けた技術を こうした場で提供していただける方、一緒に活動を支えてくださる方、ボランティアセンターまでご連絡ください!

 ▲手前:和紙で作ったお雛様                ▲奥:5円玉を使ったカメの小物

 

▲今年はウサギ年。かわいらしいです。

▲先生が書いたと見間違えてしましました、利用者さんの作品です。

■ ティーセミナーを開催してくださる方                                             (紅茶の煎れ方などをゆっくり楽しむことを教えてくださる方)

■ 手軽なお菓子作りを指導していただける方

■ 小物づくりを教えていただける方

■ 気軽な体操を教えていただける方

■ 利用者が一緒に楽しめる レクリエーションやゲームをしていただける方

 上記に限らず他にも何でも一緒に活動できそうなことがありましたらご一報ください。(私では思いつかない楽しいこともたくさんあると思うのです。ぜひご提案くださるとありがたいです。)

  

 連絡先 : 各務原市社会福祉協議会 ボランティアセンター

 電  話 : 058-383-7610  メールアドレス: shakyo@chive.ocn.ne.jp

 

 

もうすぐ春ですねぇ。何か始めませんか~ボランティア講座~

何かを始めるいい季節になりました。
今年もボランティア講座を開催します。電話かメールでお申し込みください。

①点訳(点字)講座
□日時 4/25(月)~9/26(月)の毎週月曜日 9:30~11:30
(5/2,6/13,7/18,8/15,9/19をのぞく)全18回
□受講料 3,000円(テキスト代含む)

②音訳講座
□内容 広報誌や書籍を声で録音し、聴覚障害のある方へ情報を提供するボランティアを養成します。
□日時 4/12(火)~7/26(火)の毎週火曜日 9:30~11:30
(5/3をのぞく)全15回
□受講料 2,000円(テキスト代含む)

③手話講座(初めての方むけ)
□日時 8/12(金)~12/16(金)の毎週金曜日 19:00~21:00
全18回
□受講料 1,200円(テキスト代含む)

以下、共通事項
□会場 市総合福祉会館 3階研修室・集会室
□申込み・問い合わせ 各務原市社会福祉協議会 地域福祉係
電話:058-383-7610 メール:shakyo@chive.ocn.ne.jp
 

 

一緒にカラオケを楽しんだり、お食事をしてくれるボランティア募集!

 障がいのある女性(24才)と一緒にカラオケやお食事を付きあってくれるボランティアを募集します。

 各務原市役所 キラキラマガジン「キラリさん」で紹介されました!↓(記事)

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/kirakira/201101/kirarisan.html

 

ボランティア紹介 -傾聴ボランティア-

   

やってみんとわからへん!ボランティア体験 参加者募集

 

病院ボランティア募集!  -東海中央病院-

 

財)車両競技公益資金記念財団より助成金交付を受けました!

 

福祉施設等ボランティア活動先一覧表を作りました。

福祉施設等ボランティア活動先一覧表を作りました。下記のページをご覧ください。

     http://www.kakamigahara-shakyo.jp/participation/post-47.html

 

おもちゃ箱コンサ-トの案内 秋の日 ~どんぐり~

この事業は終了しました。

 

病院ボランティアセミナー開催のご案内

セミナーは終了しました。ありがとうございました。

東海中央病院にて病院ボランティアセミナーが開催されます。

 

「好き」って手話でどう表すの?

手話を覚えてみませんか。
現在、初心者向けの手話講座(入門編)の受講生を募集中です。
 

 

ボランティア活動のヒントに! 「ボランティアパワーアップ講演会」を開催

 この事業は終了しました。

 

 どうやったら楽しく活動が継続できるのだろう?と悩まれている方、また、仲間を募っていろんなボランティア活動をやってみたいという方のために、人を活かす、活動を楽しくするコツを学ぶ講演会を開催します。是非、聴きに来てください。

 

おもちゃ箱コンサ-トの案内 海の日

おもちゃ箱コンサ-トは、音楽で子どもの心身の発達をま促す活動です。親子が一緒になって音楽に触れ合うことも目的の一つです。今回は、にちなんだコンサ-トを行います。ゲ-ム、音楽療法などで親子の思い出たくさん作りましょう。

 

やってみんとわからへん!ボランティア体験 参加者募集

「“何か”やってみたいな」と思っていませんか?

 

おもちゃ箱コンサ-トの案内  ~七夕~

 おもちゃ箱コンサ-トは、音楽で子どもの心身の発達を促す活動です。親子が一緒になって音楽に触れ合うことも、目的の一つです。今回は、七夕にちなんだコンサ-トを行います。短冊に願いを掛けたり、折り紙飾り、ゲ-ム、音楽療法などで親子の思い出をたくさん作りましょう。

 

 

一芸披露などのボランティアが更新されました。

 一芸披露などのボランティア紹介冊子ができました。

一芸ボランティア.pdf

詳細はボランティアセンタ-までお尋ねください。

各務原市社会福祉協議会ボランティアセンタ-    

         電話:058-383-7610

         FAX:058-382-3233

         Eメ-ル:shakyo@chive.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

一芸のボランティア 一覧表

 

 

一芸披露などのボランティア紹介冊子ができました。

一芸ボランティア(web版).xlsx

詳細はボランティアセンタ-までお尋ねください。

各務原市社会福祉協議会ボランティアセンタ-    

         電話:058-383-7610

         FAX:058-382-3233

         Eメ-ル:shakyo@chive.ocn.ne.jp

 

 

おもちゃ箱コンサートの案内 ♪~音楽療法を楽しもう~ さつき(終了)

終了しました。

 

チャイルドラインぎふ 「受け手」養成講座開催のご案内

 「チャイルドラインぎふ」は18歳までの子どもがかける専用電話です。家族のつながり、地域のつながり、友だちとのつながり、ごくごく身近な人たちと上手くつながることが難しい今の子どもたちの環境に、声だけでつながる、ほんのちょっとの居場所を、ということから始まりました。

 本養成講座は、電話のこちら側で子どもたちの声を聴く「受け手」を養成する講座です。子どもたちの想いを受け止め、子どもたちとともに考え、子どもたち自身が決定していけるように伴走する、そんな「受け手」になっていただけませんか?

 

水族館のお仕事のお手伝い ボランティア募集!

川島町にある 岐阜県世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ で一緒に活動してくださる方を募集中です。「生きものにはそんなに詳しくないから・・・」という方でも大丈夫。飼育スタッフが丁寧に指導いたします。

 

 

外出ボランティアに・・・

 

 軽い自閉症の敬君の話し相手として、中部学院大学の学生さんの協力を得ることができました。 毎月お話ボランティアとして進んでいく予定でしたが、話しの中で敬君がやってみたいことの希望を叶えよう!という話しとなりました。      (肌寒い平成22年4月13日のことです)

 

  ということで今回は、市内のショッピングセンターへインスタント写真のシール製造機(プリクラ)を撮りに行きました。(ちなみに前回はドナーツ屋でお茶をすることでした。)

 私が到着した頃には、既に写真を撮り終え、デコレーションをしているところでした。

 

ボランティアさんにお世話になりました。

 岐阜県聴覚障害者協会の主催で毎年おこなわれている「耳の日フェスティバル」が、2月21日に各務原市民会館で開催されました。主催者側より会場設営のボランティアの要請があり、登録ボランティアさんへのメール配信や、ホームページ上で広く呼びかけしましたが、体力のある方が必要であったため、1名の協力しか得られずにいました。そこで、男性の登録が多い、Team911(土原功代表)に声を掛けさせていただいたのですが、快く前日の準備、当日の撤去にあわせて8名のボランティアさんの派遣をしていただけました。

Team911・・・主な目的は応急救急手当法の普及をおこなう。災害時、消防機関と連携し、救助活動を行う。

 

 

 

 テントの設営や撤去には、複数人で息を合わせる必要があり、聴覚に障がいがある方ではケガをする恐れもあることでの今回の要請でしたが、ボランティアさん方は手際もよく、予定の半分の時間でテント設営・撤去をおこなうことができました。

 また、「こういう機会があれば、気軽に声をかけてください。」とおっしゃっていただき、ボランティア担当職員としてはとてもありがたく感じました。

 社会福祉協議会のボランティアセンターでは、こうした様々なボランティアの要請に対応するため、登録ボランティアの募集をおこなっております。定期的にボランティア活動をする訳ではなく、単発でボランティアのご依頼をさせていただく形となります。都合がいい時にお力を貸していただく形となります。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

              ■各務原市社協ボランティアセンター

                   電  話 058-383-7610

                   メールアドレス shakyo@chive.ocn.ne.jp

 

喫茶ボランティアを募集!(カーサ・レスペート)

 

特別養護老人ホーム カーサ・レスペート で喫茶のお手伝いしてくださるボランティアさんを募集します!!

 

高齢者とお話しをすることが好きな明るい方!

 

 

まちなかを てくてく。 てくてく。。

 

 雪が舞い散る節分の日、中部学院大の学生5名と松尾敬君(軽い自閉症)が散歩をしました。

  敬君は「外出する機会が欲しい!付添いしてくれるボランティアさんはいませんか?」と社協に訪ねて来てくれたのがきっかけでした。近くの中部学院大学に声をかけ一緒て実現しました。(市のホームページのキラキラマガジンでも)紹介されましたね。

 

 敬君の道案内で、近所をぞろぞろ散歩しました。途中で猫もついてきたりして。あまりお話しができない気もしましたが、みんなで一緒に歩く、それでいいのです。それがいいのです。敬君も「今日はとても楽しかったよ。」って後で電話をくれました。

 

 車が通れない細い道があったり。知らないことばかり! いかに地域を歩いていないか。 公園などの散歩も季節感溢れていいですが、路地を歩くのも楽しいですね。コーディネートと撮影を兼ねて、僕も事務所を離れて気分転換できました?

 この後、敬君の自宅でトランプをしたり過ごしたようです。そして、来月の会う日を決めてお別れしたようです。

 

 ボランティアセンターでは、このようなコーディネートもしております。「ボランティアをやってみたい!」「ボランティアさんの協力してもらいたい」など、下記まで連絡ください。

 社協ボランティアセンター

 電話 058-383-7610

 

話し相手ボランティア募集!

 ひとり暮らしの方や、施設を利用されている方の話し相手ボランティアを募集しています。
 自分の空いている時間を、おすそ分けしてもらえませんか。
 特別な資格は必要ありませんし、定期的な活動でなくてもかまいません。

 やってみよう! と思われた方は、ボランティアセンターまでお電話か、問い合わせフォームまでお願いします。

ボランティアセンター(各務原市社会福祉協議会内) ℡058-383-7610

 

ボランティアの広場TOP

ボランティアの広場はボランティアグループのメンバー募集、イベントや行事でのボランティア募集など、各務原市で展開されるボランティアに関する情報をたくさん掲載していきます。

    「何か自分にできることはないか?」
  「こんな活動がしてみたい!」
  「ボランティアってよくわからないけれど、興味がある」

そんなみなさんは、要チェックです!!

でも、ボランティア活動を始める前にお読みください・・・

  

 
このページの先頭へ
お気軽にお問い合わせください